Autoptimizeはもう古い!?新しい圧縮プラグインはPageSpeed insightsに有効!Fast Velocity Minifyは効果抜群!!

皆さん こんにちは kamata4649です。

今回は WordPressのCSS,JS,HTML圧縮プラグイン Autoptimize についての記事です。

Autoptimize は世界中で最も使われているであろう WordPressの圧縮系プラグインである。仕組みはCSS(サイトのデザインを構成するプログラム)とJS(サイトの機能面を構成するプログラム)とHTML(サイトの土台となるプログラム)をまとめて高速化するプラグインだ。




このように複数の箱を1つにまとめるという効果があります。これにより一気にデータを送信することが可能になりサイトの表示速度が一気に向上するというものです。

しかし実は高速化されていないファイルも…

Autoptimizeでは実は高速化されていないファイルが発生します。例えばPageSpeed insightsで使用していない CSS の遅延読み込み や レンダリングを妨げるリソースの除外が複数個出ていませんか? これは正常にすべてのファイルが圧縮できていない可能性があります「外部ファイルなどのFontや広告を除く」

しかしそのAutotpimizeでも圧縮できないファイルを圧縮してくれる fast-velocity-minify が有効!

このプラグインは使い方が簡単で初心者の方にも使いやすい仕様になっています
当サイトの設定はこちら↓

これでAutotpimizeで圧縮してるよりも高速になるはずです!

コメント